蜂の巣はプロに退治してもらおう|危険な作業は専門業者にお任せ

有効な対策方法を見つける

ハクビシン

ここ最近、害獣と言われるハクビシンによる被害が多くなっています。ハクビシンは顔の真ん中に白い縦線が入っているのが特徴です。見た目はアライグマのようでチャーミングなのですが、農作物を食い荒らしたり家屋の屋根裏に住み着いたりする厄介な動物なのです。屋根裏に住み着いたハクビシンによる糞尿で悪臭被害やダニ・ノミの被害を及ぼします。捕獲をしようにも、ハクビシンは鳥獣保護法で保護されている動物なので、自治体の許可なしに捕獲することができません。しかし、捕獲が無理でも対策をすることは可能です。ハクビシンへの有効な対策をご紹介するので、害獣被害にお困りの人は参考にしてみてください。

有効な対策の一つは、ハクビシンが苦手な臭いを発する忌避剤で追い払うというものです。ニンニクや石油系のニオイが嫌いで、イタチやイノシシといった害獣用の忌避剤も有効です。ハクビシンを上手く出口まで誘導するように忌避剤を配置すると良いでしょう。もう一つの対策方法は、侵入経路を塞ぐということです。屋根裏にいるということは必ずどこかに入口があるはずです。その入り口を塞いでしまえばハクビシンは入ってくることができません。また、ホームセンターなどで売られている対策グッズも有効です。電気柵やフェンスなどの対策グッズを有効活用すると良いでしょう。ハクビシンは運動能力が高いので、フェンスの隙間から侵入したりフェンスを飛び越えてくることもあります。そんな時はネットを張るなどして対策をしてみると良いかもしれません。